逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

食道に胃液などが逆流してくると、食道粘膜には胃液の強酸から自分を守る機能がないため炎症を起こします。これが逆流性食道炎です。逆流を繰り返すと、ただれである「びらん」や潰瘍を起こし、食道がんリスクも上昇させてしまうため、早めの治療をおすすめしています。
逆流性食道炎は、生活習慣も発症に大きく関係するため、再発しやすい病気です。治療では食習慣、姿勢、肥満などの改善もあわせて行うことで再発を予防します。

逆流性食道炎の症状

胸やけ、みぞおち周辺の痛みや不快感、ゲップで酸味と苦みのある液体が上がってくる呑酸が主な症状です。他にも咳や喘息、耳鳴り、めまいなどの多彩な症状が現れることがあります。

逆流性食道炎の原因

胃や食道周辺の機能低下、食事内容、姿勢、肥満、腹圧、薬の副作用などにより起こり、複数の原因で起こっていることもよくあります。
機能低下には食道への逆流を防ぐ仕組みや蠕動運動などによるものがあり、加齢による食道周辺の筋肉の衰えも影響します。食事では、脂肪やタンパク質のとり過ぎが発症に関与します。腹圧は、衣類による締め過ぎ、腹部に力の入る動作を繰り返すなどがリスク要因になります。

①逆流を防ぐ仕組みの低下

下部食道括約筋が食道と胃の間にあって、胃液の逆流をこの筋肉が締め付けることで防いでいます。下部食道括約筋が弱くなると締め付けがゆるくなり、逆流を起こしやすくなります。

②食道の蠕動運動の機能低下

食道から直腸までの消化器は、蠕動運動によって内容物を先に進めており、逆流が起きても蠕動運動がすぐに解消しています。蠕動運動の機能低下が起こると逆流を起こしやすくなり、また逆流したものを戻す力も弱くなってしまいます。これにより食道の蠕動運動が機能低下を起こすと逆流性食道炎発症につながります。

③薬の副作用

喘息や高血圧、心臓病などの治療薬には、副作用として下部食道括約筋をゆるめてしまうことがあります。普段、飲んでいる薬がある場合には、お薬手帳などを持参して受診しましょう。
ピロリ菌の除菌治療の際に逆流性食道炎の症状が現れることがありますが、これは除菌がうまく進んで胃液分泌が正常化している際に生じ、自然に解消していきますので問題はありません。

④その他

肥満、猫背や前屈みの姿勢は腹圧が上がりやすいため注意が必要です。食べ過ぎると、胃が大きく引き伸ばされて胃液の逆流を起こしやすくなります。また、アルコールの摂取は筋肉を弛緩させるため、食道と胃の間で逆流を防ぐ下部食道括約筋もアルコール摂取によってゆるみ、逆流を起こしやすくします。
また、加齢によって下部食道括約筋が衰えるため逆流が起こりやすくなります。

逆流性食道炎の検査

内視鏡検査で食道粘膜の状態を直接、確認し、炎症の程度を正確に把握します。レントゲン検査でも、逆流性食道炎と食道がんの鑑別は可能ですが、粘膜の状態を正確に確認することはできないため、最適な治療につなげるためには内視鏡検査が不可欠です。内視鏡検査では逆流を起こしやすくする食道裂孔ヘルニアの有無や他の食道・胃疾患がないかもしっかり確認でき、さらに疑わしい病変があったら組織を採取して生検を行うことができるため、確定診断につながります。

治療

◎P-CAB ◎PPI

強力な胃酸分泌制御薬で、根幹から胃酸を抑えます。再発防止にも使われます。

◎H2ブロッカー◎

胃酸分泌に関与しているヒスタミンH2受容体への刺激をブロックして胃酸分泌を抑制します。市販品もありますが、クリニックの処方品は有効成分の含有量が異なるため、より適切な処方が可能です。

◎消化管運動機能改善剤◎

消化管機能と蠕動運動を改善する薬です。胃に食物が滞留する時間を短縮して消化を助け、逆流しにくい状態を保ちやすくします。

◎制酸薬◎

胃酸を中和させる薬です。症状の緩和と炎症改善につながります。

◎粘膜保護薬◎

食道粘膜を保護する薬です。

生活習慣で気をつけること

◎食生活◎

脂肪やタンパク質の過剰摂取や食べ過ぎをしないよう心がけ、甘いものや酸っぱいものなど胃酸分泌を促進させる食物もできるだけ控えましょう。
コーヒー・紅茶・抹茶・濃い緑茶などカフェインが多いもの、唐辛子など刺激の強い香辛料も控えましょう。

◎アルコール◎

飲酒は筋肉をゆるませ、逆流を防ぐ下部食道括約筋の働きも弱めてしまうため、控えてください。

◎喫煙◎

タバコは逆流性食道炎を悪化させやすいので、禁煙してください。

◎睡眠時◎

就寝は、食後2時間以上経過してからにしてください。
横になると呑酸や胸やけ、咳が出る症状がある場合、背中にタオルやクッションなどを当てて上半身を高くすると症状が出にくくなります。

◎腹圧◎

ウエストを締め付ける服装やベルト、ガードルなどは着用しないようにしてください。
猫背や前屈みの姿勢も腹圧を上げますので、正しい姿勢を保つよう心がけます。
また、重いものを持ち上げるなど、腹圧のかかる動作もできるだけ控えましょう。
肥満の解消も腹圧を下げることに大きく役立ちます。適度な運動やバランスの良い腹八分目の食事で適正な体重まで落としましょう。


トップに
戻る